2021年10月28日

バストが垂れる原因と対策法

By y9mnqcut

脂肪が多ければ多いほどバストは柔らかくなり、形を維持するのが難しくなります。
また、年齢を重ねるごとに脂肪の割合が増えていきます。
胸全体が柔らかくなると、垂れて外側に流れていく傾向があり、さらに胸を支えているクーパー靭帯が、長年の揺れや重力などの蓄積により弱くなり、伸びてしまいます。
その結果、バストは支えを失って垂れ下がってしまうのです。
また、妊娠や授乳もバストが垂れる原因になります。
妊娠するとほとんどの女性が胸が大きくなりますが、授乳後は元の大きさに戻ります。
これは、大きくなったバストを支えていたクーパー靭帯やバストの皮膚全体が伸びてしまい、バスト全体がたるんでしまうことがあるからです。
胸には「大胸筋」と「小胸筋」という2つの筋肉があります。
大胸筋は胸全体を支える筋肉で、小胸筋は胸を体の中心に向かって引っ張る筋肉です。
これらが胸の土台となり、この土台が弱くなると胸が垂れて横に流れてしまいます。
加齢によって筋肉量が低下してしまうのは避けられないことですが、
そして避けられないことではありますが、加齢によって筋肉量が低下してしまうことにより、バストを含め様々な筋肉が衰えていきます。
美しいバストを維持するためには、筋力トレーニングが有効で、同時にナイトブラのふわっとマシュマロブラを利用するのもいいでしょう。
ふわっとマシュマロブラは着用している間はしっかりとバストをキープして谷間を作ってくれるだけでなく、横流れも防止する機能性の高いナイトブラです。
最安値の販売店は公式サイトで、まとめ買いをすれば1枚あたりの価格も安くなりますよ。
https://mashumarobra-store.xyz/
どうせ利用するなら毎日着用したほうがいいので、4枚~5枚は持っておくと着まわせるでしょう。